1. HOME
  2. ブログ
  3. お役立ち情報
  4. 福山市でソファを処分する方法9選!捨てるタイミングや注意点も解説

BLOG

ブログ

お役立ち情報

福山市でソファを処分する方法9選!捨てるタイミングや注意点も解説

福山市でソファを処分する方法9選!捨てるタイミングや注意点も解説

福山市でソファの処分に悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

頻繁に廃棄するものではないので、処分方法がわからない人は多いはずです。処分方法を間違ってしまい、余計な手間や時間をかけるのは避けたいところです。

この記事では、福山市でソファを処分する方法や注意点などを解説します。処分時にかかる費用相場もわかるようになっているので、福山市でソファの処分を検討している人は、ぜひ最後までご覧ください。

福山市でソファを処分する方法9選

福山市でソファを処分する方法9選

福山市でソファを処分する方法は、以下の9つです。

  1. 粗大ごみとして回収してもらう
  2. 指定の場所へ持ち込んで捨てる
  3. 解体して可燃ごみで処分する
  4. リサイクルショップで買い取ってもらう
  5. フリマアプリで販売する
  6. 人に譲渡する
  7. 買い替え時に引き取ってもらう
  8. 引越し業者へ依頼する
  9. 不用品回収業者を利用する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.粗大ごみとして回収してもらう

福山市ではソファは燃やせる粗大ごみに分類されます。回収日は年4回と決まっており、指定の場所と日時を守れば無料で処分できます。

粗大ごみとして捨てる際は、できる限り金属部品は取り除いておきましょう。

なお、ソファの材質が金属などの場合は、不燃ごみに分類されるので注意してください。不燃ごみの回収日は月に1〜2回程度あるため、粗大ごみに比べて捨てやすいです。

不燃ごみとして捨てる際には、張り紙などで「ごみ」と明示しておきましょう。

2.指定の場所へ持ち込んで捨てる

福山市で指定されている場所へ持ち込めば、日にちを選ばずに捨てられます。

対応時間は基本的に平日しかありませんが、月に1~2回程度は土日祝にも対応している場合があります。土日祝の対応日については福山市のHPで公開されているので、確認してみてください。

【参考】祝日及び休日のごみ収集日,ごみ処理施設への持込み|福山市

ソファの持ち込みに対応しているごみ処理施設は、以下の2ヶ所です。

施設名 対応時間 所在地 電話番号
クリーンセンター
(リサイクル工場)
月〜金曜日
8:45〜16:45
福山市箕沖町107-2 084-954-5170
慶応浜埋立地 月〜金曜日
8:45〜16:45
福山市柳津町2285 084-934-3247

基本的に、市内で発生した家庭ごみは費用が発生しません。とはいえ、持ち込むものによっては手数料がかかることもあるため、事前に連絡をしてから行きましょう。

3.解体して可燃ごみで処分する

ソファを解体して小さくまとめれば、可燃ごみとしても処分可能です。表面の生地や中のクッションはハサミやカッターで分解し、木製フレームはノコギリを使えば切断できます。

分解中に鉄のスプリングが中から出てきた際には、折り曲げて小さくしたり工具で切ったりすれば、不燃ごみとして捨てられます。

木材は燃やせるごみのルールにあるように1辺50cm以下にして、直径10cmくらいの束にして捨てましょう。金属製の部材は分解が難しいため、不燃ごみとしてそのまま捨てても問題ありません。

4.リサイクルショップで買い取ってもらう

状態のいいソファであれば、地元のリサイクルショップで買い取ってもらう方法もあります。

買取りを拒否されることもあるため、電話やネットで事前に査定をしておくと手間がかかりません。実際にソファは小さな穴や傷があるだけで、買取りできないこともあります。

店舗によっては自宅まで引き取りにくれるサービスもあるので、査定の際に確認してみてください。

5.フリマアプリで販売する

リサイクルショップ以外で販売できる場所として、フリマアプリもあります。フリマアプリのメリットは、自分で値付けができることです。

そのため、リサイクルショップよりも大きな金額を得られる可能性が十分にあります。しかし、梱包費用や送料が販売価格より高くなってしまう場合もあるため、あらかじめ計算してから値付けをしましょう。

6.人に譲渡する

友人や親族などに譲渡して、費用をかけずに手放す方法もあります。思い入れがあるものなら捨てるくらいなら、他の人に使ってもらえると嬉しいですよね。

身近に譲渡先がない場合には無料で家具や家電等を引き取ってくれる人を探せる、不用品マッチングサービス「ジモティー」がおすすめです。

運搬作業は自分で行う必要がありますが、捨てることに抵抗がある人におすすめの方法です。

7.買い替え時に引き取ってもらう

新しくソファを購入する場合、店舗によっては古いものを引き取ってもらえます。ニトリやIKEAなどの大型店舗なら、多くの店舗が対応しています。

費用がかかってしまいますが、新しいソファの搬入時に引き取ってもらえるため、スムーズに廃棄できます。店舗ごとに引き取りサービスのルールは異なるので、買い替えタイミングで確認してみてください。

8.引越し業者へ依頼する

転居の際にソファを捨てる場合、引越し業者へ依頼すれば廃棄できる可能性があります。引っ越しのタイミングで廃棄できるので、非常に手間がかからない方法です。

業者によって引き取りの条件などが異なるため、事前に確認してみてください。また、引っ越し業者によっては引き取り費用が別途かかることがあるため、複数の業者に見積もりを取って比較してみましょう。

9.不用品回収業者を利用する

不用品回収業者を使って廃棄する方法が、もっとも手間がかかりません。電話やネットを使って見積もりを取れば、指定した日に回収してくれます。

作業はすべてスタッフが進めてくれるため、持ち運びなどの手間は一切かかりません。女性や高齢者など力仕事が困難な人には、特におすすめの方法です。

見積もりは無料で取れるので、気軽に相談してみましょう。また、ソファの状態や業者によっては買い取ってもらえることもあるので、依頼する際には確認してみてください。

福山市でソファを処分する前に確認するポイント

福山市でソファを処分する前に確認するポイント

福山市でソファを処分する前に、以下2つのポイントを確認しましょう。

  1. 材質
  2. サイズと重量

順番に説明していきます。

1.材質

材質によってソファの捨て方が異なるので、必ず確認しましょう。

大部分が木材や布でできているものは、燃やせる粗大ごみに分類されます。スプリングが中に入っている場合でも、福山市では燃やせる粗大ごみとして捨てられます。

金属製のリクライニングタイプや電動ソファの場合は粗大ごみではなく不燃ごみに分類されるため、注意しましょう。無理に分解などをすると、引き取ってもらえないこともあります。

2.サイズと重量

福山市で捨てられるか否かはサイズや重量によって変わってくるので、チェックしておきましょう。燃やせる粗大ごみや不燃ごみで捨てられるサイズおよび重量は、以下の通りです。

燃やせる粗大ごみ 不燃ごみ
サイズ 1辺2m以下 1辺2m以下
重量 指定なし 2人で運べる重量まで

2人で運べる重量の目安は60kg程度です。実際に厚生労働省が公表している「あんぜんプロジェクト」でも、1人で持てる重さは約30kgとされています。

もしソファがサイズを超えてしまっている場合は、自宅への引き取りサービスがある方法で捨てましょう。不用品回収業者や買い替えタイミングでの店舗引き取りなどが、選択肢として挙げられます。

ソファを処分するタイミング

ソファを処分するタイミング

ソファの買い替えや処分するタイミングは、状態を見て決めましょう。処分を検討するタイミングの例を、以下にピックアップしてみました。

  • 生地の汚れや傷が目立つ
  • 臭くて匂いが気になる
  • 座るとギシギシ音がする
  • 座り心地が悪い など

またソファは一生使い続けられない家具であるため、目安として5〜10年ほどのタイミングで買い替えを検討してみてください。

福山市のソファ処分の費用相場

ソファ処分の費用相場

費用をかけてソファを処分する場合には、どのくらいお金がかかるのか気になりますよね。主に費用が発生するソファの処分方法は、以下の通りです。

  • 買い替え時の店舗引き取り
  • 不用品回収業者への依頼
  • 引越し業者での回収

買い替えタイミングで捨てる場合には、店舗での引き取りがおすすめです。一例として、有名家具店におけるソファの引き取り価格を、以下にピックアップしてみました。

店舗名 費用
ニトリ 4,400円
IKEA 5,500円
無印良品 3,000円

また、不用品回収業者を利用する場合は、サイズによって費用が異なります。目安としては、軽トラに載るサイズであれば10,000〜15,000円、2tトラックが必要なものは25,000〜40,000円程度です。

処分する際の参考にしてみてください。

ソファを捨てる際の4つの注意点

ソファを捨てる際の4つの注意点

ソファを捨てる際には、知っておくべき4つの注意点があります。

  1. 分解にはケガのリスクがある
  2. 買取条件が厳しい店舗が多い
  3. 悪質な不用品回収業者がいる
  4. 2階以上から運び出す時は個人では厳しい

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.分解にはケガのリスクがある

分解して可燃ごみで捨てる際には、怪我に注意しましょう。

分解作業はカッターやハサミなどの刃物を使うことになるため、ケガのリスクと隣り合わせの状態です。また、切断面は鋭利になっていたりバリが立ったりして、手を切ってしまうリスクもあります。

ソファを持ち運ぶ際にも、ぎっくり腰や足に落として骨折をすることも考えられます。無理な分解や持ち運びは避けて、不用品回収業者を利用して安全に捨てるようにしましょう。

2.買取条件が厳しい店舗が多い

ソファを売る際に店舗によっては買取条件が厳しいため、なかなか売れないことも考えられます。特にリサイクルショップの場合、汚れや傷があるだけで拒否されることはよくある話です。

商品価値の高いブランド品や新品以外のソファは「基本的に引き取ってもらえない、売れたらラッキー」くらいに考えたほうがいいでしょう。リサイクルショップでの買取りが難しい場合には、フリマアプリなどを使って個人で販売してみてください。

3.悪質な不用品回収業者がいる

不用品回収業者に依頼する場合は、許可を得ていない悪質な業者に当たらないように注意しましょう。高い回収料金を請求されたり、自宅の物品を盗難されたりと被害が増えています。

街中を巡回しているトラックや事前に見積もりを出さない業者は、許可を得ていないことが多いので、利用しないようにしてください。福山市のホームページに一般廃棄物収集運搬業許可を得ている業者が記載されているので、利用前に確認してみましょう。

4.2階以上から運び出すときは個人では難しい

2階より上に設置されているソファは個人で運び出すことが難しいため、不用品回収業者の利用がおすすめです。

クレーンの使用や、専門的な知識を要する解体や組立てが必要になることがあるので、素人が無理に作業をするのは控えましょう。大きいものや金属製のものは無理に運ぶと怪我をしたり、壁などを傷つけたりするリスクもあります。

不用品回収業者なら、必要に応じてクレーンの手配や運び出しをすべて行ってくれます。2階以上にソファがある場合には、一度見積もりを依頼してみてから判断するといいでしょう。

福山市のソファ処分 まとめ

福山市のソファ処分 まとめ

福山市でソファを処分する際に適切な方法を選ぶポイントは、以下の3つです。

  • 材質
  • サイズ
  • 状態(汚れ・傷の有無など)

また、ソファを捨てる際にはケガのリスクや持ち出しが難しいことがあります。個人で無理に廃棄しようとせず、お金をかけてでも不用品回収業者を使って安全に捨てるのがおすすめです。

福山市の不用品回収業者の生必クリーナーは、一般廃棄物収集運搬業許可証を取得している許可業者です。電話メール相談は無料なので、福山市でソファの処分を考えている方はお気軽にお問い合わせください。

関連記事

家事代行サービスについてはこちら

お片づけについてはこちら

お問い合わせはこちら
家事代行サービスについてはこちらお片づけについてはこちらお問い合わせはこちら